専門治療 > 外反母趾

●外反母趾

一般的に女性に多く原因は様々なのですが足の親指が外側に向く事を外反母趾と言い、横幅の広い靴を履くことにより足が前方にずれつま先が圧迫されたり、かかとの高い靴を長時間履くことによりつま先に負担がかかり発症したりするといわれています。痛みの強い時期や変形が強くなる時期など症状は変化していきますが、早期に専門治療を行う事で変形の進行や痛みの軽減が見込まれますのでご相談ください。

症状

◆親指の付け根が靴にあたると痛む
◆立っているときに足の親指に力が入らない
◆足の指を開けない
◆歩くと親指の付け根が痛い

治療内容


外反母趾は親指の付け根にかかっている負担を足のアーチを作り直すことにより痛みは軽減します。アーチは足の裏(足底筋)やふくらはぎの筋肉(後脛骨筋等)の働きが低下するとアーチの減少(偏平足)の状態になるため、重心が内側にかかりやすくなり、親指の付け根の部分に痛みがでます。重心はアーチの低下や膝の向きや股関節の開きにも関連するため、痛みの軽減と共に変形の進行を抑えるために足全体の動きを整えます。ひなた鍼灸整骨院ではアーチの形成また重心のずれを戻す事を目的とした、筋肉を収縮させた動きの中での筋硬結(筋肉にできたコリのようなもの)を除去するマッサージや鍼治療、アーチサポートの為のテーピングや運動療法を行う事で痛みや動作の改善を行います。