専門治療 > シンスプリント

●シンスプリント

脛骨過労性骨膜炎(以下シンスプリント)はランニングなどでコンクリートや固い地面の上を走ったり過度の運動により中高生に多く発症するといわれています。部活動や過度の運動で痛みが続いて出ている方はお力になれると思いますのでご相談ください。

症状

◆ふくらはぎの内側の痛み
◆足首を曲げた時の痛み
◆走る・ジャンプ時のふくらはぎの痛み 等

治療内容


シンスプリントになる原因に土踏まずの消失やふくらはぎ後面の筋肉(後脛骨筋・ヒラメ筋)の柔軟性低下によるものが多いです。ひなた鍼灸整骨院ではその筋肉の柔軟性向上のためのふくらはぎのダイレクトストレッチや太ももから足首・足底の筋硬結(筋肉にできたコリのようなもの)を除去するマッサージや鍼治療、土踏まずの形成の為の運動やテーピング療法を行う事で痛みや動作の改善を行います。